お惣菜とはどう違う?

お惣菜とはどう違う?

最近高齢者がお惣菜を購入するケースが増えてきています。
病気などが原因で料理をするのが難しくなったり、
元々料理が出来ず、料理が出来る家族がいなくなったなどの理由で、
スーパーやコンビニを利用する方が多く見られるそうです。
そのため多くのスーパーやコンビにではお惣菜やお弁当の販売をしていますが、
それらは塩分や油分が多かったり、保存料などが含まれていたりと、
お世辞にも健康的な食事とは言えません。
そのためケータリング会社では、
健康に気を使ったメニューを提供して、
高齢者の生活を支援しています。

 

高齢者向けの商品を提供しているケータリング会社の商品は、
コンビニなどで売られているお惣菜やお弁当とは大きく異なります。
例えば食事の塩分量は、生活習慣病の予防のために少なめに設定したり、
利用者の好みに合わせて自分で味付けできるよう、
はじめから味をつけずに提供しています。
栄養バランスにも当然気を使っており、
同じお弁当でもおかずのバリエーションを増やし、
多くの栄養を補給できるように気を使っています。
もちろん味もよく、専門の調理師が調理を行っています。

 

コンビニやスーパーで売られるお惣菜との違いは、商品のバリエーションの数にもあります。
ケータリングは長期契約を前提に食事を提供しているので、
食事に飽きが来ないようにレパートリーを豊富に揃えています。
コンビニやスーパーでは幅広い年齢層に対応するため、
お年寄りには重いメニューも多いですが、高齢者向けのケータリングでは、
高齢者が食べやすいメニューを中心に揃えているので、
毎日美味しい食事を楽しむことができます。