普段の暮らしに使うケータリング

普段の食事を用意してもらう

ケータリングは、様々な料理を宅配したり、
現地で料理を作って依頼者に提供するサービスで、
パーティーなどで使われるほか、普段の生活でも広く使われています。
仕事が忙しくて子どもの食事をどうしても用意することが出来なかったり、
病気のせいで食事の準備が難しいときなどでも、
栄養バランスの優れた料理を用意することが出来る、
専用のケータリングサービスも存在するので、
どうしても料理が出来ない時は是非利用してみてください。

 

パーティーなどで使われるケータリングサービスは、
オードブルなどの大人数で食べる食事を想定したものを中心に提供していますが、
個人向けのケータリングサービスでは、一食分を一つにまとめたお弁当を提供したり、
真空パックされたおかず類だけを提供して、
ご飯などは自分で用意してもらったりと、様々なサービスを用意しています。
数日間だけの短い期間だけ使う人はもちろん、
年単位で使う方のための長期契約も行っているので、
まとめて利用したい時は長期プランを利用したほうがお得になります。

 

個人向けのケータリングサービスは、
提供する店舗によって料理の質や調理の手間などに差があり、
中にはあまり美味しくないものもあるそうです。
なるべく質の良い食事を食べたいという方は、
実際に契約する前に前情報を可能な限り調べておいて、
一番評判の良いサービスを利用しましょう。
最近はネット上でも店舗の情報が紹介されるようになっていますし、
店舗によっては初回だけ安くなるお試しサービスもやっているので、
それらを利用して、一番美味しい店舗を探してみてください。

 

 

高齢者向けのケータリング

歳を取ると食事の仕方にも色々な変化が表れます。
脂っこいものを美味しく感じることが出来なくなったり、
食事量が昔よりも減ったり、
血圧の増減などが激しく現れるようになったりと、
体質の変化にともなって用意する食事も変える必要が出てきます。
食事を自分で用意する方ももちろんいますが、独身の男性など、
食事を作るのが苦手という方や、
料理を自分で作るのが難しくなったという方も多いので、
ケータリング会社の中には、
高齢者向けの料理を提供するものも多く存在します。

 

高齢者向けのケータリング会社では、高齢者が食べやすく、
健康的な食事を提供しています。
栄養バランスを考慮するのはもちろん、
歯が弱くなってしまった方のために、
予め噛みやすいように加工したメニューを提供したり、
生活習慣病になっている方のために、
塩分や脂肪分を極力減らしたプランを提供したりと、
使用する方の健康状態に合わせて提供する料理を変更することが出来るので、
自分で料理を準備しなくても、
自分にとって必要な食事を確実に用意してもらうことができます。

 

高齢者向けのケータリングは、
長期契約を念頭に置いたものが多く、一年ごとに契約するなど、
長く使い続けることを想定しています。
そのため料理の献立には気を配っており、
食べ続けても飽きがこないように様々な料理を用意してくれます。
さらに冷凍したり、レトルト加工して提供してくれる店舗もあるので、
たまには自分で料理を作りたくなったときも、
冷凍庫などに保管しておいて、後から食べたりすることも出来ます。